◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
低血圧の原因、症状
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


i-mobile


低血圧の原因は体質です。つらい症状を改善するためには、体質改善
をしなければならないので、難しく、即効性はありません。
しかし、改善しない限り、その症状は改善しません。
症状がない場合は、治療する必要はありません。
自覚症状がある場合は、その原因が低血圧にあるのかどうかを医師に診断してもらいます。
診断された場合は、まず、食事や運動により改善させるかどうかを試します。
食事や運動で改善しなくて、症状がひどい場合は昇圧薬や抗不安薬により、症状が軽減することがあります。
しかし、薬による治療の効果は一時的なものです。
体質を改善しない限り、低血圧は完治しません。
なりやすい人の特徴があり、遺伝的要素が強いと考えられています。
親が低血圧の人は、その体質が遺伝しているのでなる人が多いです。
胃腸が弱く、小食な人もなりやすいです。
性格的には、神経質でネガティブな人がなりやすいと言われています。
しかし、長生きするとも言われています。
胃腸が弱く、風邪を引きやすい場合が多いので、自分の体調に敏感で、身体をいたわっているから、高血圧の場合に比べて、生活習慣病になりにくく、ネガティブな性格なので、行動が慎重だからなどと考えられています。
改善するためには、食事は3度しっかりとって、早寝早起きを心がけることです。
身体を鍛えて、ストレスに負けないようにします。
低血圧の人はストレスに弱いことが多いです。
身体を鍛えることで精神的にもタフになります。
血圧も上がりやすくなります。
食事もさっぱりしたものを好み、全体的に省エネです。健康的な食生活といえなくもないのですがつらい症状が出るようなら、たんぱく質を多く含む食事をして、エネルギーをたくさん補給した方がよいです。

i-mobile

続きを読む
PC版で見る
(C)低血圧の原因、症状